ノウハウと実績のある駆除業者|ハチ退治は専門サービスを利用する

自宅に住み着く害獣の駆除

レディ

鳥獣保護法に注意しよう

自宅の屋根裏や床下などは、時として様々な害獣が住み着いてしまう場所になります。たとえばネズミやコウモリなどは自宅を住処にしてしまうリスクが高い害獣の代表的な存在であり、近年は山の中にある住宅以外でも、タヌキやイタチ、ハクビシンやアライグマなどの害獣の被害に合ってしまうこともあります。特に後者のような害獣の捕獲をするにあたっては、鳥獣保護法や外来生物法の対象になっているために、許可なく個人が捕獲したり処分したりすることが禁じられている害獣が少なくない点には注意しておくといいでしょう。たとえばハクビシンは鳥獣保護法の対象であり、アライグマは外来生物法の対象になっています。こういった法律が適用されるケースの害獣駆除を望む場合には、害獣駆除業者に依頼をする必要があるのです。

再発防止に役立つ

また特定の法律に引っかからない害獣に関しても、害獣駆除業者に駆除を依頼するメリットはあります。たとえば迅速かつ確実に捕獲をして貰うことが可能になるのはもちろんのこと、捕獲の際に傷を負ったり、感染症のリスクを負う必要がなくなります。また住処にしていた場所の掃除や消毒作業をしてもらうことができたり、害獣が家屋に侵入した場所の特定並びに、それを防ぐ予防的な措置をとってもらうことも可能になっています。これによって、せっかく捕まえたり処分した害獣と別の個体が再び住み着いてしまうリスクを大幅に軽減することが可能になるのです。こういった点を鑑みて、ネズミの駆除などの個人で行なうことが可能な作業に関しても、害獣駆除業者のサービスを積極的に活用してみるといいでしょう。